★ 下高井戸の祭り風景 世田谷区 スタディ

画像

土曜日のフィールドワークは、1年半ぶりの世田谷でした。
写真は、世田谷区の北部、下高井戸商店街での祭り風景です。

ここは、道路幅が4mほどしかない商店街が、300mほど続いています。
この道路の狭さが、いいんですね。

下高井戸は、世田谷区の北部です。
杉並区との境を、甲州街道と京王線が走っていて、下高井戸駅というのは、京王線と世田谷線の接続駅です。

世田谷線は、この下高井戸と、三軒茶屋を結んでいる、2両連結の、のどかな電車です。

世田谷区の人口は、86万人を超え、なお増加し続けています。
三軒茶屋や、下北沢などの街が含まれますが、基本的には東京の郊外住宅地です。

人口86万人ということは、佐賀県(86万人弱)、福井県(82万人)、徳島県(81万人)、高知県(80万人)、島根県(74万人)、鳥取県(61万人)より多いのです。

これらの県の人口は、減り続けています。広さは、県の端から端まで、車で走ると、少なくとも2~3時間かかりますが、世田谷区は、7~8km四方という範囲です。でも、渋滞のために、横断するのに1時間前後かかることも、めずらしくありません。

世田谷区に、人口が集中したのは、京王線のほかに、小田急線、東急東横線などの鉄道の便がよいことが、最大の理由でしょう。
東京の各ターミナルまで、15分から30分で、到達できるからです。

40数年前の、東京オリンピックのころまでは、のどかな田園風景が広がっていたのですが、このお祭りも、当時から続いているのでしょうか。

冒頭の写真に映っている場所は、スーパー西友の入口にあたる場所です。
警察官の後ろに建っている小屋の中に、お神輿が鎮座しています。

画像


太鼓を乗せた山車と、大人と子供の法被(はっぴ)姿が、いいですね。
小学生の男の子が、太鼓をたたいて、雰囲気を盛り上げています。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年09月29日 22:17
日本大学文理学部国文学科出身の涅です。
懐かしいです!
この商店街は、僕らの庭のようなものでしたからね。
でも、ずいぶん前になるからすっかり様変わりしたでしょうね。久々に訪れてみたい気になりました!
2009年09月30日 00:47
大変なお仕事をされているのですね。
興味深く拝見しました。
知らない土地に、出かけた気分になりました。

この記事へのトラックバック