テーマ:

★ この花・・・何の花?

ツツジやサツキが咲き始めています。 その中に、見慣れない花が・・・。 葉は、サツキの葉に似ている、小さな葉です。 何の花? 不思議に思って、少し離れて見ると、謎が解けました。 おそらくこの花、水仙の一種で、サツキの脇から伸びていて、サツキの葉の間から顔を出して、花が咲いたものでした。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

★ 弘法山・続編 めんようの里

弘法山は、交通の便は良い方ではありません。 案内によっては、秦野駅から徒歩40分などとありますが、高度差 150m近くを登らなければならないので、1時間ほどの徒歩と階段を登る覚悟が必要です。 私は、地図で見つけた【めんようの里】というところまで、クルマでアプローチしました。 第一駐車場と第二駐車場と、合わせて20台…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 桜道 今年も歩けるありがたさ

温かさに誘われ、少し足を伸ばして、秦野(はだの)市の弘法山へ出かけました。 天気は快晴というわけにはゆきませんでしたが、平日の午前中、混雑するでもなく、寂しくもなく、ちょうどよい人の波でした。 眼下に、秦野の街が広がっています。 遠くの左手の山は箱根。晴れていれば、中央に富士山が見えるはずです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★ 金木犀 香りに誘われ 歩く里

たいした雨ではないのだけれど、散歩する気を妨げられる日がつづいています。 そこへいい香りが漂ってきました。 香りの正体がわからぬまま歩き、赤い花が咲いているのを見つけます。 なんという花でしょう。鮮やかな赤です。 まわりには、コスモスが咲いています。 さらに歩くと、香りが強くなっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★ 荻野運動公園のコスモス

朝5時過ぎ、厚木市 荻野運動公園の日の出。 夏至のころに比べると、日の上がる時間が、だいぶ遅くなりました。 一週間ほど前から、コスモスが咲き始めています。 栗の実も、大きくなりはじめています。 まだ暑いですけれど、秋は着実に近づいています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 飯山の 柏葉アジサイ」と3色の夾竹桃

梅雨の時期、光が十分になかったのですが、久々に、花をきれいに撮れました。 ベージュの部分と、白い花びらが調和しているのがいいですね。 小鮎川沿いのエリアで見つけました。 小鮎川の流れている飯山地区と、荻野川エリアを結ぶ道路の峠ともいうべき場所から、大山が見えます。 ここから下ってゆく途中で、三色の夾竹…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★ 厚木市 宮の里団地のあじさい 

ここ数日、梅雨の合間の晴れがつづいています。 朝の散歩で、団地内を一回り。 見つけた、二種の紫陽花。 団地の裏手は、人が入り込むのはたいへんな山。 サル捕獲のための、ワナを仕掛けてあるので注意との表示もあります。 団地の西の端、丹沢山塊にもっとも近い場所に、熊野神社があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 伊勢原市 あやめの里へ

仕事が一段落したので、伊勢原市のあやめの里を訪ねました。 駐車場の状態が分からなかったので、300mほどの場所にある、スーパーアルプスの駐車場に置かせてもらい、5分ほど歩きます。 少し早いけれど、3枚ほどの田圃一面にあやめが咲いています。 減反の田圃を活用したイベントでしょうけれど、まったくのボランティアら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 紫陽花咲き 水面にうつる影ゆらぐ

宮の里から、南へ坂道を降りると小鮎川。 3kmほど先で荻野川と合流し、さらに中津川とともに、厚木の中心に近くで相模川に注ぎます。 向こうに見えるのは、厚木郊外の住宅地。宮の里は、郊外のはずれで、丹沢山塊のふもとにあたります。 川岸の紫陽花が咲き始めています。 このあたりの紫陽花は、ヤマアジサイでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ コキアの紅葉を見に ひたち海浜公園・みはらしの丘

10年ぶりほどの茨城県水戸。 少し足を伸ばして、海沿いの ひたちなか市(旧 勝田市・那珂湊市が合併)の、ひたち海浜公園を訪ねました。 高さ30m以上もありそうな丘が、紅葉したコキアにおおわれています。 別名ホウキギ・ホウキ草といい、直径50cm~1mほどの球状に茂ります。 コスモスもピークです。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

★ 青空と 競いて開く 朝顔花

夏の暑さ、その後の雨、腰痛・・・・いろいろなことがあって、しばらく散歩ができなかった。 それらが治まって、少し散歩ができるようになった。 久しぶりの街の風景。思いがけないところに、朝顔を見つけました。 この季節、散歩が気持ち良い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 海からの 帰りの道に月見草

海からの帰り道、草花が楽しませてくれます。 でも、名前の分からぬ花も少なくない。 これはエノコログサ(ねこじゃらし)。これぐらいは分かる。 これは月見草(マツヨイグサ)。 分からないのが、この赤い実。 ミニトマトほどの大きさです。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

★ 桜咲き どちらのブログも花盛り

桜が開いて、どちらのブログも、花でいっぱいです。 我が家でも、やってきた娘一家と、大庭(おおば)城址公園へ。 辻堂駅から北へ、車で10分かからない。 大きな団地、ライフタウンのはずれにあたります。 公園内で、最大の桜の樹。10m以上も、枝を伸ばしています。 ここは、丘陵地から引地川べりに突き出した台地。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ いきなりの 春の光に 花かがやく

湘南の辻堂は、18℃。 いきなりの春の到来。 ミモザが鮮やかに輝いています。 白モクレンも開いています。 紫モクレンも咲いていますが、すでに無残な姿になっていて、写真を撮る気にもならない状態です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★マンサク開き 梅ほころんで 鳥遊ぶ

庭のマンサクが開いた。 少々、なさけない開き方だけど、それなりに嬉しい。 そばに鳥がきている。 ムクドリ? 背中側の色や柄が見えない。 梅の花は、先週から咲いている。 今年は、梅の実がたくさん採れそうだ。 撮影していると、上空を戦闘機が通過する。 平和を守る?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

★ 抱かねば 水仙の揺れ やまざるよ 伊豆爪木崎にて

タイトルの句は、岡本眸という方のもの。 伊豆半島の、先端に近い爪木崎に石碑があります。 水仙の群落として有名なのだそうで、1月20日まで水仙まつりをやっています。 灯台のある爪木崎、その北側斜面。 灯台のある高みまで行くと、大島を始め、伊豆七島を見わたすことができます。 伊豆半島は大きくて、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 花と野草

久しぶりに、透明感のある花に出会いました。 この桔梗は、外来種なのかな。 もともと日本にあった桔梗は、花の数が少なくて、色が濃かったように思う。 外来種は、生命力が強くて、可憐さに欠けるような気がする。 こちらは、エンゼル・トランペット? 朝鮮あさがお? こんな野草も。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

★ 都心のハチ 有栖川宮公園

いつもゆく国会図書館が、休館日だったので、都立中央図書館へ出かけた。 広尾の有栖川公園にある都立中央図書館は、国会図書館より30分遅い10時が開館。 駐車場に車を置くと、まだ15分ほどある。 開館まで、公園を久しぶりにぶらぶらしてみた。 都心にあるとは思えない、鬱蒼とした緑。 階段の向うに見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ あやめ競う 水辺に遊ぶ 鴨一羽 

足柄上郡開成町のあじさい祭、最初に出会ったのは、花よりもこの鴨でした。 細い水路を隔ててはいますが、距離は2mほどと近いのに逃げる様子がない。。 すぐ後ろは、よそのお宅の庭の続きなので、餌付けされているのかもしれません。 羽の深い色合いは、花に負けない美しさです。 そして、あじさい祭の最後に見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 苗並ぶ 水田に写る 厚い雲

所用のついでに、神奈川県の西部、足柄平野の開成町あじさい祭を覘きました。 東名高速の大井松田インターから、10分ほどです。 開成町、松田町、大井町など、小さめの街が並んでいます。 緑の濃い西丹沢を背景に、広々とした田圃の畦道 500m四方ほどの範囲に 5,000株のあじさいが植えられています。 これはアナ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 相模の国の中心だった小田原城

小田原の北条氏は、鎌倉の北条氏とは、直接の関係がないらしい。 小田原城を訪れたのは、盛りだと聞いていた藤の花を見るため。 目測で200坪ほどもありそうな藤棚。2株の藤だけで、広い藤棚に枝を広げている。 この藤についての逸話が、立札に書かれている。 樹齢は 200年だそうだ。 秀吉が小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ 風さわやか 朝日が覗く 鬱金香

鬱金香(うこんこう)は、チューリップの和名。江戸時代の後期、日本にやってきた。 鬱金(ウコン)に匂いが似ているのだとか。 辻堂海浜公園で、チューリップを見ていると、木の間から朝日が覗く。 椋鳥(ムクドリ)が、ついばんでいるのは、芝の中の虫でしょうか。 やりたいこと、やらなければ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

◆ 花冷えの 空を後ろに 花開く

我が家のささやかな庭は、日当たりがあまりよくない。 花々は、世間のペースより咲くのが遅い。 主に似たのかもしれない。 一向に花開かない、主よりはましか。 薄墨で、描いたような桜の奥ゆかしさがいい。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

★ 椿花 落ちて花粉の散らばれり

朝、二階から降りてくると、玄関に活けてあった椿が寂しい。 花が一つ、落ちてしまった。 見ると、黄色い花粉が散らばっている。 椿の花粉というのは、こんなに多かったんだ。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

★ 年ごとに 思ふことあり桜花

この句は、誰の作だったか。 大庭城址公園を覘いてみると、みごとな桜。 みごと過ぎて、絵葉書のよう。 角度を変えて、枝ぶりを見てください。逆光で花びらの輝きが見にくいけれど。 一本の木が、直径30mほどの影を作っています。こんな桜も珍しい。 それでもやっぱり、光が十分にあったほうがいい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ 東京駅から日銀への間 渋沢栄一の銅像

商業施設学会に参加するため、東京に来ています。 電車で来るのは久しぶり。 東京駅八重洲側の、神田寄りにあるのが日本橋口。使う人はそれほど多くない。 でも、こちらから出ると、日銀や日本橋三越が意外に近い。 広い通りを一つ渡って、ワンブロック歩くと、小さな公園があり、人影が多い。 何やら、地域の見学のために集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 黄水仙 揺らして風の 通り行く

陽射しは暖かくなったけれど、空気はまだ冷たい。 海浜公園の近くを通りかかると、黄色い花が見える。 通行の邪魔にならない場所に、車を置いて見に行く。 日差しがあれば、写真はきれいに撮れる。 花もよいけれど、緑の葉も力強い。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ 雪予報 梅の小枝に メジロせわし

また、雪が降るかもしれないとの予報。 ようやく、雪に荒された家周りの掃除が済んだのに・・・。 庭の梅につがいのメジロがやってきた。 たっぷり梅の蜜を吸っておけよ。 それにしても、じっとすることがないので、ピントを合わせる隙がない。 野鳥をきちんと撮る人の、その根気に敬服する。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more