テーマ:旅・歴史

★ 目に青葉 屋根より高いお茶畑

ゴールデンウィーク前半は、仕事で関西へ出張でした。 1日だけオフにして、行きがけに静岡県掛川で途中下車しました。 掛川駅でワゴンRを借りて、遠州森町をめざします。 途中、こんな光景に出合いました。 屋根より高いお茶畑です。 掛川と言えば、静岡茶の中心的な存在。さすがの風景です。 屋根より高いの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 春過ぎて 葉山 森戸の みそぎ橋

前回紹介した森戸神社の、参道から右手に入った所にある みそぎ橋。 この橋は、森戸川の河口にかかっています。 この川の上流は、規模は小さいながら、三浦半島の秘境と言われるほど、自然が残っている渓谷です。 橋を渡ると、森戸海岸に出ます。 向うに見える、山の向うが逗子の街。 左手遠くに見える山が、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 葉山 森戸神社の春の巌

気学でいう、方角が良い森戸神社を訪ねました。 鎌倉、逗子を過ぎて、葉山の街の森戸海岸にあります。 通りに面している一の鳥居を、車のまま抜けると、二の鳥居が見えてきます。 このまま入って良いのか迷うような狭さですが、ここを入ると二の鳥居の左側に、広い駐車場があります。 車を降りて、手と口を清めます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 泉州堺の宿院あたり

堺市は、2006年に政令指定都市になりました。 昔の国名で言うと、和泉の国・・・泉州と呼ばれました。 ちなみに、大阪市の西半分から神戸市のエリアが摂津の国、生駒山の麓のエリアが河内の国と、このあたりは三つの国でした。 宿院と言うのは、南海電車の堺東駅(堺市の中心部)と、JR堺駅(海岸沿いの工場地帯)の中間あたりです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 堺市 利晶の杜 間もなくオープン

年末に仕事で訪れた関西、3泊のホテルは堺市に取りました。 しばらく堺の街を見ていなかったことと、利休の屋敷跡を訪ねたかったことが理由です。若いころから30年以上、茶道を通じていろいろなことを学んだので、利休にはそれなりの思いがあります。 利休の屋敷跡は、前回紹介した阪堺電車の、宿院駅から 100mほどの場所にあります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ プチャーチンと日露和親条約を締結した 長楽寺

ペリーロードから、50mほど入りこんで、坂道を上ったところにあるのが長楽寺。 入口付近にクローバーが育っていて、清楚な花が咲いていました。 クローバーの花ってこんなのでしたっけ。別の花かもしれません。 小さめの仏像が、並んでいるのがおもしろい。 左から、文殊菩薩、普賢菩薩、勢至菩薩、大日如来、不動…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ 下田ペリーロードの 旧澤村邸

ぺリーロードをさらに進みます。 なまこ壁の商店です。なまこ壁は、伊豆の風物詩のひとつですね。 つきあたりに、美しい建物が見えてきました。 これが旧澤村邸で、下田の資産家の個人のお宅が市に寄付されて、観光客のための無料休憩所として開放されています。 旗が立ててあるのは、始まったばかりの大河ドラマ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 幕末の開国の舞台 下田の了仙寺とペリーロード

下田市のもう一つの側面は、幕末のペリー来航と、鎖国から開国への歴史の舞台になったこと。 下田港には、ペリーが上陸した地点に、こんな記念像があります。 ペリーの像は、故村田徳次郎氏の作品で、右手の黒い錨(いかり)はアメリカ海軍から寄贈されたものとのこと。 この像からほど近い山沿いに、条約の細則締結の場となった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★ 抱かねば 水仙の揺れ やまざるよ 伊豆爪木崎にて

タイトルの句は、岡本眸という方のもの。 伊豆半島の、先端に近い爪木崎に石碑があります。 水仙の群落として有名なのだそうで、1月20日まで水仙まつりをやっています。 灯台のある爪木崎、その北側斜面。 灯台のある高みまで行くと、大島を始め、伊豆七島を見わたすことができます。 伊豆半島は大きくて、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 大宰府天満宮の 大楠 と 浮殿

九州レポートの最後は、大宰府天満宮です。 本殿の正面の破風は見どころです。 訪ねた時、駐車場には30台以上の大型観光バス。大陸からの観光客で、賑やかなこと。 天満宮に何本かある楠の大木を、ぜひ意識して見てほしい。 もう一つ好きなのは、光明禅寺へ行く途中にある 浮殿。 天満宮の参道…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 太宰府政庁跡と 観世音寺の楓

太宰府天満宮から、2kmほど福岡寄りに、大宰府政庁跡と観世音寺が並んでいます。 大宰府政庁は、門への階段と建物の礎石が残っているのみですが、規模の大きさに驚きます。 朝鮮半島や大陸からの使節を、迎えることもあったのでしょう。 後ろの山がいい。奈良の三輪山を思いだすたたずまいです。 こちらは、500…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 寒風の 呼子の イカと 名護屋城

佐世保での仕事を終えて、佐賀県の北端の町、呼子(よぶこ)町に立ち寄りました。 現在は唐津市と合併しています。 目的は、イカと名護屋城址です。 まずはイカ。 活造りが 2,000円前後で食べられます。 イカですから、原価は安いでしょうが、納得させる商品価値です。何より、姿が美しい。 写真は、名店の一つ河…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

★ 肥前の国 諫早城址

長崎県は、昔の国名でいうと肥前。 現在の佐賀県と長崎県が、ほぼ該当する。 諫早公園の眼鏡橋。 長崎市の眼鏡橋が有名だけれども、規模はこちらの方がずっと大きい。 後ろの小高い丘が、諫早城の城址。 こういう石段をいくつか上ってゆくと、途中、眼下に高城神社の紅葉が見えます。 九州は、本州ほど紅葉する樹が多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 松浦鉄道 佐世保中央駅 こんな駅もあるんだ

四ヶ町(よんかちょう)商店街というのは、4つの町にわたってつながっている商店街というのが、名前の由来らしい。 この商店街の先、市役所との間に、三ヶ町商店街というのもある。 これが、四ヶ町商店街の、もっともにぎやかなあたり。 これだけ賑やかな商店街は、全国でも少なくなりました。 賑やかな理由の一つが、松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 佐世保の商店街

教会の前を過ぎて、さらに数分歩くと、佐世保の中心商店街である四ケ町(よんかちょう)商店街の入口があります。 アーケードに入ったあたりは、さほど賑やかではありません。 アーケードは、ここから500mほど続いていて、松浦鉄道(第三セクター)の佐世保中央駅のあたりが、もっともにぎやかです。 アーケード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 佐世保駅前の教会 

長崎県佐世保市は、人口25万人強。 ちょっとした県庁所在地なみの人口がありますが、島嶼部の人口も含みます。 佐世保駅から徒歩5分ほどの台地上にある、カトリック教会。 この教会に上る階段を見てください。 見たところ4階ぐらいの高さで、登るのはたいへんそうですが、天国には近いかもしれない。 佐世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 神戸空港 そして 諫早湾の上空

午前10時過ぎの、諫早湾の上空。 雲間からの日差しが神々しい。 向うに見える山は、島原半島の雲仙普賢岳。 ここに至る途中、神戸空港に、着陸します。 この便は、羽田から神戸経由の長崎行き。 神戸に着陸の直前、一旦、神戸上空を過ぎて、姫路あたりでUターンして、西から着陸します。 ジェット・エンジン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 朝7時前 羽田ターミナル

しばらくぶりです。仕事で、九州に来ています。 朝5時過ぎに家を出て、搭乗手続きと、手荷物検査を済ますと6時半過ぎ。 ターミナル内は、まだ人影が少ない。 搭乗前に朝ごはん。ちょっと贅沢な空弁、かに助六寿司、620円だったかな。 バスで飛行機まで行きます。 あいにくの空模様で、視界が開けませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 芝 愛宕神社 出世の石段

東京23区で、一番高い場所という、芝の愛宕山。 この上には、愛宕神社とNHK放送博物館がある。 愛宕神社に上る 【 出世の石段 】がこれ。 86段あって、標高26mの高さまで登る。 【 出世の石段 】 と呼ばれるのは、以下の逸話があるため。 寛永年間、将軍家光が、芝増上寺に詣でた際に、この石段の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★ 昨日の冨士 元箱根より

昨日、朝食後、青空に魅かれて、箱根へドライブ。 家から40分ほど、箱根新道で芦ノ湖畔の元箱根に出ると、いい感じの白雪の冨士。 雪の繊細な感じがいいですね。 箱根駅伝の往路のゴール(復路のスタート)地点あたりから。 ちょうど、観光海賊船が出てゆく。 なんだか絵葉書のような、芸のない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ 相模の国 大磯の 厳島神社

小田厚(おだあつ)と呼ばれる有料道路は、東名の厚木 I Cと、小田原・箱根を結んでいます。 その小田厚の大磯 I C の近くに、100m四方ほどの池があり、そこに浮かぶのが厳島神社です。 瀬戸内海に浮かぶ、世界遺産の厳島神社に比較にならない、こじんまりしたものです。 20mほどの石橋で、渡ります。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 鎌倉 鶴岡八幡宮 さすが 宮大工は手を抜かない

鎌倉八幡宮のつづきです。 本宮の入口にある門。 八幡宮と書いてある額の、【 八 】 の字がハトの形をしているのは、よく知られていますね。 その下の軒の部分にある彫刻も、よくみると手が混んでいます。 日光のような派手さはありませんが、このくらい控えめの方が好感が持てます。 本宮にお参り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★ 鎌倉 鶴岡八幡宮の 紅葉はまだ

車で人を送ったついで、あまりにも天気が良いので、鎌倉の鶴岡八幡宮に寄ってみました。 西側の鳥居近くに車を置いて、流鏑馬(やぶさめ)馬場と呼ばれる東西の通路から入ります。 参道に出ると、平日の午前中だというのに人出が多い。 遠足か修学旅行らしい子供たち、中国の方々と思しき団体さん、西洋人の高齢のカップルなど。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ 平塚市中里の八雲神社 と 江川太郎左衛門

所用のついでに、平塚市街の西のはずれあたり、中里地区にある八雲神社を訪ねました。 鳥居をくぐると、石段を上ります。 階段を上りきると、ひかえめな鐘楼があります。 鐘というものは、お寺のものだと思うのですが、神奈川県の神社では鐘をよく見かけます。 本堂の方へ近づいてゆくと、これもこじんま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 石垣山一夜城から見下ろす早川港

本丸の中央あたりにある、石の仏のようなもの。 光背もしくは覆いのようなもので、中には、丸い石があるだけ。 この奥にある高みが、天守台の跡。 小田原攻めの間、秀吉は、ここに起居していたのでしょうか。 天守台に登り、振り返ると、本丸の中央の祠と、その向うの木々の間から、海が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★石垣山一夜城歴史公園 その2

二の丸から本丸に向かいます。 ルートは単純で、攻め手が迷うようなものではありません。 二の丸の西側の高みが本丸です。 石垣は、かなり崩れています。 本丸への登り口です。この坂を上れば本丸です。 随所に、まむし注意の看板。この季節は、まだ油断できませんね。 本丸から見下ろした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 石垣山一夜城歴史公園

NHK大河ドラマ 【黒田官兵衛】 は、小田原攻めにかかっています。 台風の翌日、久しぶりに仕事が一段落したので、小田原城の背後にある、石垣山へ出かけました。 秀吉の一夜城で有名な場所です。 辻堂から西湘バイパスを使えば、30分ちょっとで、早川インターチェンジ。 そこから、急な坂道を10分ほど登ると、広い駐車場があ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 横浜 センター南 茅ヶ崎城・続編

3日間、研修で幕張のホテルにカンヅメ状態でした。 40年間、やってきたことのエッセンスを、若い人たちに伝えることは、やりがいのあることです。 本日は前回の、横浜 センター南の茅ヶ崎城址のつづきです。 住宅地の奥まった場所に、入口があります。 整備された階段を上ると、土塁が見えてきます。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 茅ヶ崎城なる 古城址 秋草を見る

茅ヶ崎というと、サザンオールスターズですっかり有名になった、海岸の街を思い浮かべる人がほとんどでしょう。 横浜の都筑区(港北ニュータウン)にも、茅ヶ崎という地名があり、そこには中世の遺跡、茅ヶ崎城址公園があります。 平成2年から、20年かけて発掘調査が行われて、神奈川県の遺跡に指定されました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

★ 600年 相模を見てきた大ケヤキ

昨日は、炎天下のフィールドワークでした。 秦野市鶴巻温泉のあたりを走っていると、こんな大樹の幹が、眼に飛び込んできました。 思わず車を止めて、近づきました。 高さはさほどではありませんが、幹回りの太さがすごい。 傍の看板を見ると、落幡の大エノキと呼ばれていた樹で、樹齢600年、根回り12m以上、目…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more