テーマ:音楽

★ グスタフ・クリムト のジャケットと グスタフ・マーラー の4番

この交響曲、タイトルはついていませんが、私は勝手に 【宮沢賢治】 と呼んでいます。 それは、1楽章の中盤の、牧歌的なメロディーが、どうしても宮沢賢治のイメージに、結びついてしまうからです。 このメロディは、3楽章のクライマックスや、4楽章でも、形を変えて登場します。 4楽章では、マーラーお得意の、ソプラノ独唱が入ります。こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

★ グスタフ・クリムトの絵と、グスタフ・マーラーの3番

クリムトの絵をジャケットに使っている、マーラーの交響曲全集、9枚のジャケットの中で、この絵がもっとも気に入っています。 さて、交響曲 題3番です。 9曲の交響曲の中で、もっとも長くて、およそ 100分かかります。 コンサートで演奏される曲として、もっとも長いということで、 かつて、ギネスブックにも収録されていたそうです。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

★ マーラーの2番を聞きながら

グスタフ・マーラーの交響曲2番です。 『 RESURRECTION(復活)』 というタイトルがついています。 このタイトルは英語と思われます。普通は、ドイツ語のタイトルではなかったかな。 ジャケットは、グスタフ・クリムトの、なんだか妙な絵です。バックは宇宙船から見た地球のように見えます。 曲は、静かな弦のトレモロで始まり、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

★ ブルックナーが届きました

HMVから、荷物が届きました。例のCD11枚で 1,389円の、ブルックナー交響曲全集です。 長さ40cmほどもある、大きなダンボールです。CDなら、100枚は優に入りそう。 でも、軽い。クッションの詰め物はなくて、ビニールに包まれた本体が、底に接着剤で貼り付けてあります。 開くと、こんな感じです。ちゃんと、11枚あります…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★マーラー交響曲1番 【TITAN(巨人)】

ジャケットの絵は、何の説明もありませんが、クリムトの風景画らしい。 ジャケットの裏面は、以下の情報のみです。 交響曲 第一番 ニ長調 TITAN ユーリ・カーノフ(と発音するのだと思います、ロシア系の人でしょう)指揮  ロイヤル フィルハーモニック オーケストラ(英国の女王陛下のオーケストラ) 4楽章で、57分…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

★ ブルックナー交響曲全集 CD11枚セットが 1,389円!

数分前、CD専門店のHMVから、メールが届きました。 いくつか、お買い得が紹介されていましたが、「ウソでしょ」 と思わず口に出したのが、このCD。 パーテルノストロ指揮、ヴュルッテンベルク・フィルのもの。 ブルックナーは、学校の音楽の時間には出てきませんでしたが、ドイツではバッハ、ベートーベン、ブラームスの3大Bに加えて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 二人の グスタフ

二人の グスタフ が誰なのか、それぞれのファンならば、写真を見てすぐピンとくるでしょう。 絵の好きな方は、グスタフ・クリムト(1862-1918)の絵だということが、一目瞭然だと思います。 クラシックファンは、文字から、グスタフ・マーラー(1860-1911)のことだと察知するでしょう。 写真は、マーラーの交響曲全集のジャ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

★ モーツァルトは疾走する 悲しみは追いつけない

クラシックを聴き始めた、若い頃、モーツァルトを、少々バカにしていました。 かといって、嫌いではなくて好きだったのですが。 ストイックな面が少なくて、分かり易いのが、物足りなく感じたのかもしれません。 でも、多くの先賢たちの、モーツァルトについての文章に触れるにつけ、見直すようになりました。 『モーツァルトは疾走する。悲し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★ モーツァルト の交響曲全集

カールベーム指揮、ベルリンフィルの、グラモフォン版です。 CD12枚組みで、20年ほど前に買った時、2万円ぐらいしました。 昔は、1枚のレコードを買うのが、えらい決断でしたが、多少、自分の小遣いをつかえるようになって、大人買いができるようになりました。 でも、今なら、半額ぐらいで買えるんじゃないでしょうか。 モーツァ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★ カザルス のうめき声と、ケネディ の拍手

楽器の中で、もっとも好きなのはチェロです。 眠れないとき、疲れたとき、癒してくれる響きがあります。 写真のCDは、1961年11月、ホワイトハウスで行われた、パブロ・カザルスの演奏のライブ録音。 曲目は以下の通り。 ◆メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲1番 ニ短調 ◆クープラン チェロとピアノのための演奏会用小品 ◆シ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

★ベルリン放送交響楽団にしびれました

気温20度超という、妙な天候の中、また、鎌倉芸術館へでかけました。街を歩く人は、真冬の格好そのままの人から、Tシャツ一枚の人まで、妙な光景です。 久しぶりにプロのオーケストラを聴きました。軽井沢・大賀ホールの杮落としの東京交響楽団以来だから、もう3年ぶりほどです。 ベルリン放送交響楽団のことは、よく知りませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★八景フィルのブラームス

4週続けて、コンサートに行きました。我ながら好きだな。。。 本日は、横浜市金沢区の八景フィルハーモニー管弦楽団。2週前、横須賀で聞いた金沢区民フィルハーモニーオーケストラと、同じ本拠地ですが、歴史はこちらの方がずっと長くて、25回目の定期演奏会。 会場は、先週の青葉フィルと同じ、鎌倉芸術館。もう、私のホームグラウンドのような…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more