★ 愛川町の服部牧場 と 巨泉さん逝く

住まいから車で20分ほどで行ける、愛甲郡愛川町の服部牧場の馬です。

画像



大橋巨泉さん逝去のニュースです。
永六輔氏らとともに、初期のTV放送を創り上げた人々の一人です。

まず思い出されるのは、イレブンPM、クイズダービーなどのTVでの活躍でしょう。イレブンPMは、子供が見てはいけない番組の最初だったように記憶します。

画像


このころ、凄いなと思ったのは、氏は伊豆に住んでおられて、金曜日に東京に出て、金曜イレブン、土日の競馬番組、月曜日のイレブンPMに出演して、火曜日に帰るという生活スタイルを聞いた時のことです。

人が遊ぶ、金土日と月曜日だけ仕事をして、多くの人が働く平日はリゾート地で暮らしていたわけです。

画像


実業家としても成功して、カナダ(3店)やオーストラリア(3店)、ニュージーランド(2店)で、OKギフトショップを展開して、気候良いシーズンをそれぞれの地で過ごし、時々、TVやラジオ出演のために、東京に戻ってきていました。

私もバンクーバーへ行った時には、OKギフトショップでお土産を買ったものです。

ショップの立地選定もなかなかでしたし、日本人らしい配慮の行き届いた品揃え、日本語を話すスタッフが常駐するなど、日本人旅行者には便利な存在です。

画像
   

そんな大橋巨泉氏は、いろいろなテレビCMに出演しましたが、中での出色はパイロット万年筆のCMでした。

万年筆を持った氏が登場し、万年筆のキャップを取って、和歌スタイルの言葉を詠じます。

みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ
すぎかきすらの はっぱふみふみ

意味不明ですが、なんとなく意味が伝わってくるのが興味深いと思います。このCMは低迷していた万年筆メーカーの業績を回復させるほどヒットしました。

画像


もともと巨泉という名前は、氏の俳号とのことですから、そちら方面の素養もあったのでしょう。

晩年、永六輔氏のラジオ番組にたびたび登場し、独特の視点で時事問題を解説してくれたものです。

二人の巨人が続けて逝き、昭和は遠くなりにけり、の心境です。
ご冥福をお祈りします。



"★ 愛川町の服部牧場 と 巨泉さん逝く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント