★ 陽光に 輝くカラマツ 黄の世界

大正池のバス停から河童橋まで、距離は 4.5km。さっさと歩けば1時間少々。

画像


しかし、こんな風景に足を止めて、写真を撮りつつ歩けば、2時間近くかかる。


あたりは、カラマツの黄葉で、黄色の世界。
画像


画像



歩くごとに、穂高連峰の姿が近づき、見え方が変わってゆくのが面白い。
道は平坦で、よく整っています。
画像


こういう場所や、湿地を渡る場所には木道が整備されています。
画像

このお二人は、80歳前後と思しきお婆さん。
前のお婆さんは、杖をついてゆっくりゆっくり歩いていました。

河童橋までの中央地点あたりです。

"★ 陽光に 輝くカラマツ 黄の世界" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント