★ 沖縄 うるま市 海中道路 の 貝殻の浜

勝連城を後にして、海中道路を目指します。
勝連城の前の道路が、直接、海中道路に繋がるように、工事中でした。年内にはつながりそうです。
画像

この4.7kmの道路は、与勝半島から、伊計島など4つの島をつないでいるものです。
一部、橋の部分もありますが、サンゴ礁の浅瀬に土手を造って車が走れるようにしたものです。

車の中から、美しい海面を、もっとも近くで見られる道路でしょう。
20年前に訪れた時は、2車線の狭い道路で、走っていると心細くなるような雰囲気でしたが、現在は4車線になって、観光用のサービスエリアまでできています。

上の写真の、赤い煙突のように見えるのが、吊り橋部分の橋脚です。


海の上を走っていると、ヘミングウェイが、多くの名作を執筆した家のある、フロリダ半島のキーウェストを思い出します。まだ、行ったことはないですけど。

そういえば、与勝半島の形は、なんとなくフロリダ半島に似ている。
フロリダ半島の大きさは、500kmもあるので、スケールは違いますけど。


砂浜で、釣り糸を垂れている人がいたので、車を道路端に寄せて、土手の斜面を下りてみました。

キスが釣れるそうですが、「 きょうは、風向きが悪くてだめだ 」 とのことでした。

足元は、砂ではなくて、貝殻やサンゴのクズのようなものでした。
画像

形の良い貝殻を、数個、拾ってきました。少女趣味でしょうか。
画像


海中道路の地図。グーグルアースの地図を拝借しました。
左端に、勝連城も載っています。
画像

地図をクリックすると、拡大して見られます。








"★ 沖縄 うるま市 海中道路 の 貝殻の浜" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント