★ 百田尚樹 著 【 風の中のマリア 】 なかなかです

近所の畑の ししとう? が赤くなっています。
画像


「 永遠の0(ゼロ)」 に続き、百田尚樹氏の 【 風の中のマリア 】 を読みました。

ハーレクイン小説のようなタイトルですが、一匹のスズメバチの一生を描いた小説です。

ストーリーの展開は、歴史小説のようで、作者の世界観、歴史観がしっかりと伝わってくる作品です。

講談社文庫で、約 300頁です。文庫本としては、少し厚めというところでしょうか。

風の中のマリア (講談社文庫)
講談社
2011-07-15
百田 尚樹
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風の中のマリア (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


またまた、感心しました。
主人公のマリアは、オオスズメバチのワーカー(働き蜂)です。

女王蜂が生んだ、子供の蜂を育てるために、他の虫と戦い、その肉を与えるという作業を続けます。

スズメバチの寿命は、たった30日間。
マリアは、任務を全うするために、戦い続けます。


読みながら思い出していたのは、なんと 【 スターウォーズ 】 です。

舞台は、地球上の一地域(どうも日本のどこからしい)ですが、そこで繰り広げられる物語の壮大さは、宇宙での物語と相似形です。


昆虫の世界を描いたものは、「 ファーブルの昆虫記 」 を代表として、観察記録がほとんどと思われますが、この作品は、小説です。

そして、この小説は、スズメバチの帝国の戦いの、一大叙事詩、もしくは戦記を読み終えたような気分にしてくれます。



写真は、よく見るツル性の植物の花です。
私には、名前がわかりません。
画像

この花の周りでも、「 風の中のマリア 」 のような壮大な物語が、繰り広げられているのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年09月27日 19:22
最後の写真はヤブカラシです。蔓延ると藪も枯らしてしまうという厄介者です。
bt9
2011年09月28日 04:51
長さん、いつもありがとうございます。
不思議なもので、名前が分かると、親しみが増します。

この記事へのトラックバック