★ 沖縄 屈指の眺望 勝連城からのパノラマ写真

画像

うるま市( 11.6万人)は、那覇市から北へ、浦添市、宜野湾市、沖縄市と続く、人口密集地の北端の位置です。

ここから、南の30km圏には 100万人の人口がありますが、北の 名護市( 6.1万人)との間の 20kmの間には、2.5万人ほどしか住んでいません。
うるま市は、地図の赤い部分です。
画像

「 うるま 」 とは、ウチナーグチ(沖縄ことば)で、「 サンゴの島 」 という意味だそうです。
05年に、具志川市、石川市、勝連(かつれん)町、与那城町が合併したもの。

幅2kmで、長さが 10km以上もある、与勝半島が特徴的です。名称から想像されるように、合併する前の、勝連町と与那城村が、この半島の範囲です。

その半島の、付け根あたりの高台にあるのが 世界遺産の一つ、勝連城です。
画像

規模はさほどではありませんが、視界の半分以上が海という、城跡の中では最高の眺望です。
海上に見えるのは、海中道路でつながっている平安座島です。
画像

眺望が良い分、登りはきつい。途中までは、コンクリートの道路です。
石垣に取りつく階段は、サンゴ礁の岩です。

4年ほど前、訪れた時に、履きこんでいた革靴の底に、直径2cmの穴が開いてしまいました。

グスク巡りは、体力と歩きやすい靴が必須です。できれば、トレッキング靴を持参するといい。
城上から、360度の眺望を、パノラマにしてみました。
画像

写真をクリックすると、拡大して見ていただけます。

このグスク跡は、世界遺産に登録された、沖縄のグスク跡では、もっとも古いそうです。



この記事へのコメント

ヒロ
2011年06月26日 12:02
沖縄には2度行ってますが、こうして見てると、また行きたいですね25年経ってますから、いま違った沖縄も見れるのかな
2011年06月27日 11:20
はじめまして!
気持ち玉ありがとうございました。
沖縄へは何度か観光で訪れていますが、
仕事さえあればいつか移住したいと言うパパが主の我が家です。。
伊計島に行ったことがありました!
まだまだ訪れてみたいところは沢山ありますね^^*

この記事へのトラックバック