★ 世界遺産 今帰仁城跡

画像

沖縄県の人口は、140万人。そのうち 128万人が沖縄本島に住んでいます。

さらに、そのうちの 110万人が、本島の南部に集中しています。那覇市、浦添市、宜野湾市を中心にほぼ半径 20km圏で、その集中度合いは、仙台市や広島市に匹敵する大都市です。

本島の北半分は 山原(やんばる)と呼ばれ、50kmほどの範囲に、10万人ほどの人しか住んでいません。
画像


北半分のエリアの人口 10万人のほとんどが、名護市と本部(もとぶ)半島に集中しています。
美ら海水族館と、今帰仁城は、本部半島にあります。

昨年、仕事の合い間、早朝に訪ねましたが、開いていませんでした。
駐車場付近からの、石垣の遠望に、胸が騒ぎます。

ここは、三山時代、北山の本拠地だったものと思われます。
中山の城(首里城、中城、座喜味城など)とは、使っている石も違います。

ほとんどの城の石垣は、サンゴ礁を削った、ピンクを帯びたクリーム色の石ですが、今帰仁城の石は、青みがかっていて、カットした形跡の少ない自然の石を積んだようです。
画像

入口のあたりです。昨年、訪れた時には、この石碑の根方に、猫が寝そべっていました。
画像

長いけれども、比較的ゆるやかな階段を200mほど登りきると、石垣の中に入ります。
画像

下を覘くと、石垣の風情は 万里の長城を連想させる景観です。スケール感は、だいぶ違うのでしょうが。
画像

最も奥の郭は、一段低い場所にあります。
画像

下まで降りて、振り返った風景が、最初の写真です。

規模は、沖縄の城跡の中でも最大級です。
造られたのは、13世紀の末とされていますが、石組みだけが残っていると、古代遺跡のようで、ロマンを掻き立てます。


昨年、訪れた時には、この城の駐車場付近で、猫と犬に出会いました。
その時の写真は、以下でご覧ください。
http://bt9.at.webry.info/201004/article_18.html




この記事へのコメント

2011年06月23日 17:06
こんにちは
初めての訪問です。
小生のブログに気持ち玉いれて頂き
有難う御座いました。
今帰仁遺跡の写真見せて頂きました。
海洋国日本の姿がこの様な遺跡を残した
のですね。
話し合いや協調で解決しなくて武力で
利権を得ようとした昔・・。
今でもその様な国が近隣にありますね。
私も中国の万里の頂上をあらゆる角度から
見て(三度)来ましたが、侵略と防衛
今も、昔も同じですね。
2011年06月24日 09:36
なきじんと読むんでしたか^^;
行ったときにそういうところがあったとは
知らずそのまま帰ってきました。
残念です^^;

この記事へのトラックバック