★ 地球は 秒速 30kmで突っ走っている!

画像

時速に直すと、10万キロ以上で、これは太陽の周りを回る、公転速度です。
さらに、太陽(および太陽系全体)は、天の川銀河の中を、時速80万キロで突っ走っているそうです。
ぼやぼやしてると、振り落とされる?

まあ、地球の引力のおかげで、私たちは振り落とされずに、地球に乗っていられます。
また、慣性の法則のために、そんなスピードで動いていることを、意識しないで生活していることができます。

地球が、そんな高速で公転しているのに、どこかへ飛んで行ってしまわないのは、太陽の引力に、引き止められているからです。

びっくりするのは、太陽が、そんなスピードで動いているのに、銀河系には、太陽がどこかへ飛んでゆかないように引き止めるだけの引力を持った質量が、存在しないということ。

物理的な計算上、銀河系の中に、大量の【暗黒物質】と【暗黒エネルギー】というものの存在を設定しないと、太陽系と銀河系の動きを、説明できないのだそうです。

宇宙全体の【星】をすべて集めても、宇宙の重さの 0.5%にしかならない!
【ニュートリノ】が 0.1~1.5%。
【普通の物質(原子)】が、4.4%。

宇宙の96%が、【暗黒物質】23%、【暗黒エネルギー】73%で、それが何者なのか解明されていない。

なんだか、【暗黒物質】やら【暗黒エネルギー】なんて、ダースベーダーの姿が浮かんできて、ワクワクします。

以上が、【地球は何でできているのか】という本の、一つの結論です。
最近の研究で、人類が宇宙について理解できているのは、わずか4%ちょっとで、96%はわかっていないということが分かった、というわけです。

最初の映像は、Google Earth から拝借しました。

宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)
幻冬舎
村山 斉

ユーザレビュー:
宇宙のはじまりと物質 ...
「ウロボロスの蛇」の ...
新書の域を超えたお買 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年11月07日 17:03
本当は自分をとりまく出来事なのに、人生にはあまり関係なく済んでしまう。
不思議なことですね。知ることにより世界の存在が広がってゆくということは。
2010年11月07日 23:09
いわゆる「ダークマター」の存在ですね^^理論上とか計算上でしか現在の人類の科学ではどうにもならないですがロマンです!スピードが早ければ早いほど遠心力が強くなり物体なりに「へばりつかされている」感もありますがwならばその振り回す中心は?支点がなければ・・・。太陽系にだって中心はありますよね?なんでしたっけ?

この記事へのトラックバック