★ 世界の トイレ事情

画像

写真は、NYのグランドセントラル駅の、雰囲気のある通路。
建物内は、イタリア風です。
天井から下がっている照明器具が、いいですね。

この駅のトイレは。場所がわかりにくいけれども、まあまあ清潔でした。

アメリカの駅などの、トイレの大のほうは、日本のようなきっちりした個室ではなくて、ステンレス製の囲いという感じです。
ホールフーズなど、大き目のお店のトイレも、そうでした。
写真をとってくればよかった。

ドアと床の間は、50cmほど空いています。
隣の個室との間も、同じくあいています。
なんだか、スカスカで落ち着きません。

外からは、用を足している人の、足が見えます。
おそらく、犯罪防止のためと思われます。


トイレで思い出したのは、ドイツのトイレです。
多くの公衆トイレの前には、チップ用の器があって、そばにオジサンか小母さんが腰掛けています。

このオジサンや小母さんが、いつも清潔に保ってくれているわけです、
困るのは、女性用と男性用が、わかりにくいこと。
絵文字がなくて、文字しか書いてありません。

片方は 「ヘーレン」 と書いてあります。
「入れん」 のか・・・と片方を見ると、「ダメ(ダーメン)」 と書いてあります。
どうすりゃいいのか思案橋です。

仕方なく、しばらく様子を見ていると、誰かが出てきます。
それが女性なら、反対側に入ればいいし、男性が出てくれば、そちらに入ればいい。

ダーメンが女性の意味で、ヘーレンが男性でしたっけ?
ドイツ語のわかる人、教えてください。



世界のトイレ事情を、いくつか、ブログから発見しました。

ロシアのトイレ(ちあきJr.さん)
http://senkyakubanrai-no1.at.webry.info/201001/article_3.html

中国のトイレ(ちあきJr.さん)
http://senkyakubanrai-no1.at.webry.info/200912/article_4.html

ドイツのトイレ(tamayaMさん)
http://tamayam.exblog.jp/5723084/

探せば、いくらでもありそうです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年01月05日 07:05
不可欠なものだけに、奥が深いですね~
お国事情もいろいろあるもんですね。
2010年01月05日 21:46
こんばんは。
トラックバックありがとうございます。
「へーレン」に「ダーメン」あっははは!(爆)
超ーうける!
後ほど、トラックバックさせて頂きます。
今後ともよろしくお願いします。
2010年01月05日 21:57
bt9さん、こんばんわ。
この通路、確かに雰囲気がいいですね。
色合いといい、天井の高さ(低さ)といい。
最近の天井は高いものばかりで、芸がないと感じています。
適度な高さの天井は、自分を包んでくれるようで私は好きです。
2010年01月07日 13:28
初めまして。気持ち玉ありがとう
ございます。

NYのグランドセントラル駅は行きました
が、トイレは利用しませんでしたねぇ。

確かにトイレは、文化の違いを感じられる
ところですね。

「ヘーレン」「ダーメン」(笑)
男性が、Herrn ⇔ 女性が、Damen
Männer(男性)⇔Frauen(女性)ともいい
ますねぇ。
bt9
2010年01月07日 16:40
みなさま、コメントありがとうございます。
トイレの話で、こんなに盛り上がるとは思いませんでした。
casa blanca さん、ありがとうございました。
tamayam2
2010年01月29日 07:58
私の旧Blogでドイツ トイレ事情
ご紹介くださり、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしく。
新Blog:Yamyam町1丁目にどうぞ。
http:tamayam2.exblog.jp/

この記事へのトラックバック