★(二人のグスタフ) マーラーの5番

画像

グスタフ・クリムトの絵をジャケットに使っている、グスタフ・マーラーの交響曲全集から、交響曲5番のお話です。

マーラーという人は、よっぽどベートーベンを尊敬していたようです。
この曲のモチーフは、ベートーベンの5番(有名な 「 運命 」 です)と、そっくりです。

「 運命 」 の冒頭のジャジャジャジャーン、というメロディは、クラシックファンでなくとも、よく知られていると思います。

マーラーの5番の1楽章の冒頭は、メロディは違いますが、リズムが同じなのです。
ベートーベンの方は、弦楽器の演奏ですが、マーラーの方は、トランペットの独奏で始まります。メロディは平板で、同じ音階でタタタター、と静かに始まります。

トランペットの奏でる悲しげなメロディは、やがて、オーケストラに包まれて、壮大な葬送行進曲へと展開してゆきます。

ベートーベンの運命はハ短調、マーラーの5番は、嬰ハ短調で、半音高い調性です。なんとなく悲壮感が強くなる感じです。

画像


全体は5楽章で、65分ほどかかります。「 運命 」 は30分弱ですから、2倍以上の長さです。LPレコードの時代は、2枚組みで売られていました。裏返しては、4回も針を落とさなければならなかったわけです。

全楽章について書くと長くなるので、このへんにしておきますが、そんなわけで、私はこの曲を、マーラーの運命、と呼んでいます。

余談ですが、総選挙の投票日の30日、相模原市民会館で、東京21室内管弦楽団が、マーラーの4番、ガーシュインのピアノ協奏曲などを演奏します。アマチュアの管弦楽団で、入場料は 1,000円です。

この4番、前回紹介したとおり、私は勝手に 「 宮沢賢治 」 と呼んでる曲です。
来週1週間が、また九州出張なので、体力的に心配ですが、投票を済ませて、なんとか聴きに行きたいと思っています。14時開演です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック