★太陽光パネルで覆った糸満市役所

画像

糸満市は、沖縄本島の南部の市です。
【平和祈念公園】や【ひめゆりの塔】など、戦争で亡くなった方々の慰霊の場があります。街は西側の海沿いに集中していますが、他の市域はのどかな田園風景が広がっています。『ざわわざわわ・・・』のさとうきび畑もあります。

写真は、2年前に仕事のついでに訪れた市役所です。
全国1の省エネ庁舎として、知られています。
建物全体を、ルーバーのような装置で日光の熱を和らげ、さらに、そのルーバーには太陽光発電のパネル、2,500枚が設置されて、195キロワットの発電能力を持っています。

那覇空港の着陸侵入コースの下にあるので、着陸直前、注意していると視認できます。海沿いの埋立地に建っています。

以下のブログで、他の写真も見られます。
http://iyaese.blog77.fc2.com/blog-entry-119.html
02年の朝日新聞の紹介記事が、以下で見られます。
http://www.ne.jp/asahi/aoyagi/sky/nippon14.htm

この記事へのコメント

2009年02月21日 14:09
太陽光発電のパネル…沖縄けっこう進んでるんですね
色んな地域がみれてとても参考になります
北海道に来たら、ぜひ!お願いします

この記事へのトラックバック